Wireshark::VXLAN

先日、openvswitchを使ってVXLANをやってみたが、VNIがどうなっているかとか、tcpdumpの結果
だけではわからなかった。
現時点、最新のwireshark 1.10.1ではVXLANをデコードできるようだったので、早速やってみた。

wiresharkでパケットを読み込んで、オーバレイされたパケットを選択する。
Analyze->Decode Asを選択する。
Transportタブに表示されているリストからVXLANを選択してApplyを実行する。

VXLAN-uni-decode

こんな感じでデコードされます。暗号化とかしないと地理的に異なるところでは使えないね。。
何も設定していないので、やはりVNIは0であった。。

先日のVXLANの方法は、純粋なVXLANではないようである。完全にユニキャストのみ。。
これでは、トンネル先を毎回指定しないといけないのでスケールしないかな。。。

調べていると、linuxのkernel 3.7以降でVXLANをサポートしているようであった。
ここに、vxlanの起動の仕方があったので、参考にできるだろう。

次回は、kernelをバージョンアップして、マルチキャストでVXLANする環境を作ってみよう。
おそらく、vxlanを作って、ovsに接続してやればいいだけな気がする。多分。。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*