vyatta 6.6R1にバージョンアップ

vyattaのバージョンアップを久しぶりに実施した。
6.5R1がリリースされた際にすぐに実施したのだが、なんか不安定だったので、6.4に戻していました。

こんな情報がありました。
この情報をたよりにいろいろと調べてみると、やはり6.5の時から問題が発生していたようです。
以前、不安定だったのはこれが原因のようです。(リリースされてすぐに6.5適用したから情報がなかったんだな。。)
こんなところ、よほどじゃないと疑わないよね。。。

せっかくなので、本当かどうか調べてみました。まずは、6.4でpppoe側をダンプ。

6.4-mss

mtuは1454に設定している。mssは1412と自動調整されていますね。

6.6R1にバージョンアップ後、同様にダンプすると。。。
6.6-mss

mtuは1454で設定しているのに、mssは1460になっていて調整されていない。。。。
これが原因なんですね。

サイトにあるように、policyでinterfaceにINするSYNパケットを1414にセットします。
mtuが1454だら、ヘッダ40として1414って訳ですね。R6.4の時は1412に調査されているようだが、
まっ、40バイトでいいでしょう。
こんな感じでpolicy追加。LAN側はbridge設定しているのでbridge インターフェイスに適用しました。ethXでは、変化なかった。

set policy route PPPOE-IN rule 10 destination address 0.0.0.0/0
set policy route PPPOE-IN rule 10 protocol tcp
set policy route PPPOE-IN rule 10 tcp flags 'SYN,!ACK,!FIN,!RST'
set policy route PPPOE-IN rule 10 set tcp-mss 1414
set interface bridge br2 policy route PPPOE-IN

さて、同様にダンプすると。。。ちゃんとmssが1414に設定されています。
6.6-mss-change

とりあえず、これでOKとしよう。しかしなんでこんなリグレっぽいことが放置されているのだ??

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*