DQ67EP + i5 2400S買ったけど。。

簡単に仕様を見て、DQ67EPを買ったのですが。。。
Mini-ITX, RAID, Intel NIC, 管理とあったのでこれならESXiも簡単に動くだろうと
思ったのが甘かった。
CPUも低電力だし、VT-dもあるし。。。いろいろ楽しめそうだと思ったのに。

PC組み立て終わって、ESXiインストールだ!と思って、CDからインストールすると
起動しねぇ。。。(まずはRAIDとか組まずにノーマルに動くかテストのつもりだった)
ESXiは相性があるみたいなので、いろいろ調べてると。。。
NICが対応してないじゃないか! Intel 82579LMというコントローラはサポートしていない。。。
RAIDも組んでHDDブートですっきりさせるつもりが、あえなく野望がくずれた。
USBブートの道を歩む事に。。。
(IntelのMBじゃなくてもよかったじゃないか。。USBブートするなら、FoxConnのH67とか安いものでも良かった。。。)

google先生に尋ねたところ。。。
(参考)
メモメモ。。。

■ 手順
 1.Explzhを使って、ESXiのisoイメージからimagedd.bz2ファイルを取り出す
 2.Lhaplusでimagedd.bz2を解凍しimageddを取り出す
 3.WinImageでimageddのoem.tgzを上書き
 4.DDforWindowsでimageddをUSB diskに書き込み

USB bootすると、問題なくNICを認識しました。datastoreが2個作って、
Diskも問題なし。

さて、次にRAIDの設定を。。。。(ここでも野望が崩れる。。。)
Diskを3.5インチ2本買ったし、RAID1にして、すこし安心できるかと思って、いろいろ設定しようとしたがうまくいかない。
BIOSのSATA driveの設定でAHCIからRAIDに変更。rebootして設定しようと思ったら、画面の切り替わりが早過ぎてどのキーでメニューに入れるのかわからない。。
なんどかrebootをして、CTL-I (コントロール+大文字アイ)を読み取った。
何度かCTL-Iを連打してようやくメニュー画面へ。(なかなか割り込んでくれない)

Vol0などとVolume名を作ってRAID1を構成してみたものの。。。

ESXiをbootしてvSphere Clientからストレージを見ると、物理デバイス2つ見えたまま。。。
ん? どういうことだ。。。Intel Rapid Storage Technologyってのは普通のRAID controllerとは違うのか? (要調査)

biosも新しいのが出ていたので、バージョンアップしても変わらず。(0041 -> 0051)

とりあえず、RAIDを壊して、BIOSをAHCIに戻して、datastoreを2つにして環境構築。(PCケース小さくてよかった。電源もSFXでよかった。。MBもIntelじゃなくてよかった。。。とほほ。。。。)

ここまで来たらあとは通常のESXiでの作業。A-Openのサーバからインスタンスをssh経由でコピーして、データストアの参照からインベントリに追加して完了。
sshでコピーする際に、-c オプションで暗号化を軽いものにしようとしたらオプション無視された。。。ひどい。18MB/sec(128Mbps)くらいの転送速度。

mp3をUSBディスクに入れてたので、これを機にインスタンス側でdiskを追加してそちらに完全移行。これでコンセントも1つ解放。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*