apacheからnginx + php-fpm

apacheで何の問題もないんだけど、なんとなくnginxへ移行。流行だからw
nginxはモジュール追加するときは、一からコンパイルしないといけないみたい。
結局のところ、下記で現状構築。

% cd nginx-1.2.3
% ./configure --prefix=/usr/local/nginx --with-openssl=/usr/local/ssl --with-ipv6 --with-http_stub_status_module
% make
# make install

起動スクリプトはいつものごとく、portsから抜いて使用させて頂きました。(パスを変更)
/etc/rc.confにnginx_enable=”YES”を追加。

/usr/local/nginx/conf/nginx.confの設定

user www;
worker_processes  2;  (2coreだし。。。)

http {
...
  server {
     listen  192.168.0.XXX:80 default_server;
     listen  [2001:470:24:XXX::YYY]:80 default_server;
     server_name _;
     return 444;
  } 
  include  /usr/local/nginx/conf.d/*.conf;
}

virtual hostの設定はconf.d/において設定を記述することにしました。

nginx.confでserver定義をしているのは、IPアドレスでアクセスする人や、異なる名前でアクセスする人など
がいるので、明示的にdefault serverを上記のようにしてコネクションを切るようにしています。
間違って、違うホスト名で住人のblogが表示されるなんてこともなくなります。
※意外とvirtual hostって神経使いますよね。。IPでアクセスしたら違うblogが表示されたりw

次にphpの設定を。。。
cgiはfast-cgi経由で実行するようです。

phpでは、5.3以降php-fpmというのが利用できるようです。
はじめは、phpもコンパイルして動作させましたが、だいたいの動作のイメージができたので、
最終的にはportsを利用。

# cd /usr/ports/lang/php53
# make config
  ZEND MULTIBYTE php-fpm (php-fpmにチェック)
# make 
# make install

php5のextensionも入れます

# cd /usr/ports/lang/php53-extensions
# make config
 BZ2, GD, MBSTRING, MYSQL, SNMP, ZLIB (SQLite関連は不要なので削除した)
# make 
# make install

wordpressのpluginにおいて、GDのfreetypeを扱う必要があったので、はまった。(compile時)
GD構築中に全てをチェックしてports install.
今回はcliのphpも問題なく動作しています。結局、以前はまったのはapache moduleの作り方がよくなかったんだろうと納得することに。

/usr/local/etc/php-fpmの設定

events.mechanism = kqueue  (FreeBSDだから)
....
[www]
user = www
group = www
listen = 127.0.0.1:9000
...

こんな感じ。とりあえず大きなチューニング等はしてません。
/etc/rc.confにphp_fpm_enable=”YES”を追加してOS起動時に立ち上がるようにしています。

本blog用のvirtual hostの定義です。wordpressを使っているので若干手直しが必要でした。
permanent linkを設定するためにurl書き換えしています。(google先生より回答)
apacheの場合は、.htaccessでrewriteしていました。

access logをcombinedに設定しているのは、apacheの時にcombinedだったのでその互換性を維持するため。
awstatsでログ統計をしているので。

/usr/local/nginx/conf.d/lol.confの内容

server {
  listen  192.168.0.XXX:80;
  listen  [2001:470:24:XXX::YYY]:80;
  server_name lol.pman.biz;
  ...
  access_log  logs/blog-access combined;
  ...
  location / {
    root   /xxxxxxx;
    index  index.php index.html;
    try_files $uri $uri/ /index.php?$args;   (wordpress permanent link用)
  }
  ...
  location ~ \.php$ {
    root           /xxxxxx;
    fastcgi_pass   127.0.0.1:9000;
    fastcgi_index  index.php;
    fastcgi_param  SCRIPT_FILENAME  /xxxxxx$fastcgi_script_name;
    include        fastcgi_params;
  }
  location ~ /\.ht {
    deny  all;
  }
}

だいたいこんな感じで移行して、blogを再開。(1日経過したからとりあえず大丈夫かな)
ここにたどりつくまで、いろいろとはまりましたが、そんなのは割愛。^^;
locationの書き方とかちゃんと理解しないといけない。。。ちょっと間違ったりすると、phpのソースコード
がそのままダウンロードされたりする。。。w

実験用のサーバは別にvirtual serverを定義しているので、そこでお勉強かな。。。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*