php-code-widget プラグイン

mcRRSlistプラグインを使いたくてインストールしたけれど、widgetのテキストでphpの
コードが入力できないことが判明。
まさに「が〜ん!」って感じでした。

php-code-widget プラグインを追加でインストールすればOKでした。

両プラグインは、wordpress 3.01でも問題なく動作しました。

参考
「ウィジェット」の「テキスト」でphpを使う。

 

Contact Form 7 プラグイン

問い合わせページを作成するためにプラグインを導入。
wordpress用はcontact form 7というプラグインがメジャーみたい。

Contact Form 7からプラグインをダウンロード。
pluginsディレクトリで展開して、file ownerを変更して完了。

CAPTCHAも必要ですね。Really Smart CAPTCHAは事前にインストール済み

 

CAPTCHA プラグイン

コンタクトページを作成する際に、CAPTCHAを適用するために、
Really Simple CAPTCHAプラグインをインストールします。


スパム対策として最近よく目にするあれですね。

Really Simple CAPTCHAからプラグインをダウンロードし、wp-content/pluginsディレクトリに
展開します。apacheの実行ユーザにfile ownerを変更します。

gdおよびfreetypeがインストールしている必要があります。
gdがインストールされていなかったので、php-extensionを再インストール

#cd /usr/ports/lang/php5-extensions
# make config   (GDライブラリにチェッックを入れる)
# make install clean

プラグインのページから有効にすればOKです。