今更 FreeBSD-8.2へ

ちょいと時間ができたので、FreeBSD 8.2へアップグレードしました。

# freebsd-upgrade -r 8.2-RELEASE
# freebsd update install
# shutdown -r now
# freebsd-update install
# shutdown -r now
# freebsd-update install

古いpackageを一部アップデートして終わり。
だんだんとこのような作業が面倒くさくなってきた。

 

Spotlightのキー変更

Spotlightのキー割当が、Ctrl-Spaceに割り当てられている。
EmacsなどでCtrl-Spaceを押してしまうと、Spotlightが起動してしまうので変更。
(すぐに忘れてしますので、メモ)

システム環境設定->キーボード->キーボードショートカット タブを選択。
Spotlightを選択して、”Spotlight検索フィールドを表示”のチェックを外す。

 

openvpn on SL 6.1

Scientific Linuxをインストールしたのを機に、CentOS上で動かしていたopenvpnを移設した。
openvpnをスタートすると、eth0に割り当てていたipが消えちゃう。。。
CentOSのときは大丈夫だったんだけどな。。。

/usr/share/doc/openvpn-2.1.4/sample-scripts/bridge-start を元にしてただけなんだけどな〜。

brctl addif $br $eth

for t in $tap; do
    brctl addif $br $t
done

brctl addif のところでeth0のIPが消えてしまうようだ。
暫定処置として、最後に下記を追加した。

ifup $eth

一瞬downしてしまうのが、嫌だけど、vpnのサーバしかしてないからとりあえず、OK。

openvpnをstopするときは、eth0のIPは消えないが、default gatewayが消えてしまう。
もう、面倒なので、
bridige-stopの最終行に、

ifup eth0

を追加!